<   2006年 01月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ひたすらにエピだし・・。

をYGでやってましたよと;;
ん~今日はそれぐらいしかないな・・ネタが;;
あ、こいつに散々殺された;;
e0033318_032110.jpg

自称教頭、スターリン二世。
ぶっちゃけただのめっさ強いおっさんだな、うん。
後でエスティバのエピだしいきたいです!!
ヒョンランに会いに行くのだ.。゚+.(・∀・)b゚+.゚(ぇ

5-3上げさせていただきました。
「あれ?5話終わりそうじゃない??」とか思ったそこの人!!
実はまだまだ続きます。
ん?まだ?かな??
この後展開が変わっていきます(予定
というか・・CIRCLEになってるねぇ::
まぁ。。いいですwどちらも私の書いているものですからw
今回はフリードの回??ってほど出た気がする~。気のせいでしょうか??
飛鳥もこれから出てきますよぉ~♪
そして・・フィーリ大活躍!?でございますよっと(ぇ

でわ、今日はこの辺で~。
後少しでメンテだ;;
[PR]

by vrougev | 2006-01-31 00:07 | Life

五話   礎の大切さ   3

先の道は薄暗かった。紅い絵の具に薄墨を垂らしたらこんなにごった色になるのだろうか。
その道は長くは続かなく、すぐに大広間にでる。狭まった道から急に開けたその場所は周りが囲まれているのにもかかわらず、開放感を覚えさせる。
その中央にフリードは進み出る。黄金の獅子はそのしなやかな体でゆったりと歩く。目の前には大きな巨体の何かが蹲っていた。背にはよく映えるまるで血に濡れたかのような深紅の翼。体は対照的な純白の毛皮を纏い、鋭い爪が伺える腕は虎のような模様がある腕。尾は今は伏せているものの光沢のある夕日色はマグマの色とイコールなのかもしれなかった。重く持ち上げた頭は鳥のようで嘴がある。目は鋭くこちらを見た。
・・・どことなくバランスの悪い生き物だ。
そんな感想をもったロジェに対して、横で夕京がマジかよ・・と漏らす。
どことなく周りの雰囲気もぴんっと張り詰めたかのように感じる。緊張感だろう。
その久々に出会う空気に多少の心地よさを感じてしまう。軽く刀に手をかけた。いつでも抜刀できるように、と。
「キメラですね」
本日の対象ですね、という慶之の静かな声。
目の前の魔獣はというと、フリードの姿を見た途端、何を思ったかぐわぁぁと声をあげた。
「な?」
「だからなにがだって」
どうするよ?とあきれたように振り向くフリードに更にあきれたように夕京が突っ込む。
「「我はこの御方には敵わない。どうか、今までのことお許しを」・・かなぁ?」
僕はよくわからないけどね~♪とフィーリが言った。それが合ってるかどうかは魔獣の姿を見ればよくわかる。大きな体を上下に揺らし・・頷いているのだろうか。
「その通りみたいです。『バード』さん凄いですね」
どこで覚えたんですか?と尋ねる静羽ににこやかに笑い返し、慶之に振り返る。
「慶之ぃ~討伐するの?」
「害を与えないようなら討伐はしません」
「僕らだって無駄に殺生はしたくありませんから」と複雑な、何かを考えているような表情だ。
「要するに、だ」
いつのまにか人型へと戻ったフリードがふわふわと空に浮いている。
疲れたようにその場にへたり込む夕京は洞窟の中で嘆きをあげる。
「『くたびれ損の骨折り儲け』だってことかよ~!!」
「『骨折り損のくたびれ儲け』でしょ」
いっそ見事な間違え方をした夕京に静かに訂正をするのも彼女の仕事らしかった。
「さて・・戻りますか」
にこやかに慶之が言うのだった。そう、いつもの通り。

「なぁ・・ロジェ、ロジェ」
そういって広間でロジェの袖を引いたのは炎の精霊だった。活発な少年の姿をした精霊はロジェに向かって笑顔を向ける。いたずらっ子の笑みだ。
「何だ」
「剣士だよな?」
主語を省いた文章だが、意味は伝わる。肯定の意義で頷いた。
「ちょっと来てもらってもいいか?」
「俺の一存では決められないだろう」
現在集団行動だ。それで一人でも輪を乱したらどうなるかなんて目に見えることだろう。
しかし、フリードはその手を離さない。そして、ふわりと上昇して耳元でささやいた。
「剣があるんだ」
「!!!!」
驚愕といわんばかりに目を開いたロジェにフリードは先立って歩く。
「こっちだ」
後ろを振り向かずただ進む精霊にロジェは従うしかなかった。
[PR]

by vrougev | 2006-01-30 23:44 | きらきら☆まじしゃん【休止中】

3-3こんぷ!!・・てあれ??

どうも、とあることをしたがためにPCの中のオリジナル辞書がすべて飛んだ成葉です。
打ち直し・・大変なんだよぉ~><。
ということで・・昼間に4年エピソードを少し出してきました。
感想としてですね・・
「接近武器(ブレードorグローブ)がひとつはほしい」
ですかね;;
旧校舎が舞台=ものを破壊しながら通る という方程式は成り立つわけで・・
ミューラとかスピリットだとすばやい攻撃ができない&威力低いで結構つらいかも~とか思いました。
私は虹で殴って・・威力弱いなぁ(´・ω・`)
んで、武器もでないので昼間の部終了。

夜また入って(ちょっと先客がいたので遅くなった;;)
久々に愛を壊しにいくことに。手伝い・・のつもりだったのですが・・
なんと!
3-3ブレードげっつヾ(゜▽゜*)〃
そしてですね~
同じ同好会の人がフェニ(3-3グローブ)をげっと!!
!ここで交換を申し込む成葉。
「ねぇ、フェニと交換して?」
ん~われながら結構ひどいと思いました。すると、遠距離系ならいいとのこと。
「じゃぁ、タブカイと!!」
洪水で出した初3-3だったけどこの際どうだっていい(ぁ(いっちゃった;;
もうひとつ持ってるしね~♪
んで、流石にそれだけだとなんなので強化書をひとつつけて・・交換!
(〃∇〃)わぁい♪
そして、一旦抜けて倉庫に行ったわけですよ・・あれ?
カイなくね??
そういえば・・・一昨日壊したんだっけ・・orz
こんぷの夢破れたり・・な~んて♪
カイはとったにしろ一回も使わず倉庫に放置されてたので、使ってくださるかたがいるならばそれはうれしいものです。倉庫の肥やしはかわいそうですし;;
フェニも+4強化にして・・(あえて水で強化してみたw)
ん~今日はいい日かも♪

この後一回逃亡をまわすと自分以外の全員(3人)が4-1を出すという快挙を果たす。
・・やっぱいつものとおり運は悪かったorz

カモン!!4-1武器!!
[PR]

by vrougev | 2006-01-30 02:05 | Life

保健室?

e0033318_2441988.jpg

・・
・・・・
・・・・・・・
e0033318_2444185.jpg

お?
e0033318_2445440.jpg

おぉ!?
e0033318_2451326.jpg

おぉぉぉぉぉ!!!!

ということで進級してしました!!!!これも皆さんのおかげでございます。
ちなみに現在のステはPow70、21%でございます。
とったのはルームに混じって三週目。
B、
B-、
そしてB+!!
やはりメガデスを倒す時間が大きく関わっているのかと?後与えたダメージかなぁ??
-ついたときは正直遅かったもんね;;
武器はおなじみの十字架。これからもしばらくはこれで(武器取れるまで)
称号はゴーストバスターですね。ジャンキーじゃ駄目でした;;
これからは品質は変わらない、少しだけ偉そうになったココシャをよろしくお願いします。
お祝いしてくれたみんなありがとぉ~!!

まぁ、しばらくは三年ですけどね;;

というかSSばっちしだったのに驚き!!撮れてないと思ってたよぉ><。
[PR]

by vrougev | 2006-01-29 02:50 | Life

遊んできたぜ!!(何

ということで・・青野様とお遊び♪
素敵イラストも頂いてきましたよ^^/きら☆まじとCIRCLE。
CIRCLEのほうは無法陣TOP絵として加工して使用します><
それは↓にて載せさせていただきます^^
珍しく成葉がプリクラなんてとってしまって・・正直変なのですが;;
まぁ、学校のことやオリショのこと・・などなどを語りながらの買い物。
指輪とかわんぴとか買ってしまいました~
後で着て見せてあげy・・(*゚ー゚)=○)゚O゚)
貴方の目が腐るのでやめておきます;;
でわでわ、YGの世界に飛び込みますか。
またぁ~^^

青野ヒカリイラスト展覧会~♪
[PR]

by vrougev | 2006-01-28 21:21 | Life

明日は・・

CIRCLE&きら☆まじのイラストを描いてくれている青野様と遊んできます。
といっても近所なのですが・・しばらくぶりにあうので楽しみ♪

YGは70になりました!!4-1武器は0です!!(ぁ
真実以外はBプラスをとれたのだけれど・・真実ミリ;;
どうあがいてもBまでなのだよ;;
71にすべきか・・後20回実験室回すの面倒なんだよなぁ・・
後で考えよう。

今日はもう寝ますね~
また明日|ω・`)ノ”
[PR]

by vrougev | 2006-01-28 01:49 | Life

無法陣バナー完成!!

今回は私担当だったものでバナーなんぞを作ってみた。
無法陣ぱなー動かす仕組みは後でゆゆ様にでも聞こう・・。(動かないよぉ;;
で、いつもお世話になっている方へ。
Cherry★MODEのあややさま!!
へたれですが・・;;
e0033318_2016898.jpg

明るめの配色を心がけたのですが・・なんかへん?
へんだよなぁ・・orz
もしよろしければお持ち帰りください(ぁ
(*゚ー゚)=○)゚O゚)


どうやら大きすぎたようなのでつくりなおし;;
e0033318_21572117.jpg

文字読めない・・orz
[PR]

by vrougev | 2006-01-27 20:17 | Life

小夜鳴集会。

e0033318_023336.jpg

本日小夜鳴鳥で顔を合わせました。といっても自然と集まってきただけ&二人かけていたので正式なもの?ではありませんが・・^^;
名前だしの許可をいただいていないので名前は伏せたまま。もし、おkの方は後で言ってくれるとうれしいです。
ん~やっぱり飲茶部可愛いねww三百円は高いかと思うけど・・.。゚+.(・∀・)b゚+.゚
(どんなにいいものでもココシャが着ると駄目になりますが;;)

そうそう、十字架にレア価値は求めてはいけないですね^^;
なんと!!同好会の人も持っていたのだぁ~
おめでとぉ~^^/

後は。。料理部の服と帽子をいただきました^^
後はスリッパ・・っておい!!
四年に行く前に服そろうって;;
まぁ、うれしいですのでもらいますがw

これでPvP抜かしてですね

・バスケ部 下
・科学部 マスク
・科学部 手袋
・料理部 靴

のみ!!はりきって探すぞ~!!

人をまとめられる人はすごいと思います。
同好会会長なんて名だけだなぁ~とつくづく感じてしまいますね^^;

さて・・マビノギ手伝いますか。
できたらそっちのキャラも載せましょ(ぇ
でわでわ|ω・`)ノ”
[PR]

by vrougev | 2006-01-27 00:26 | Life

二つあげましたので報告までに・・

きら☆まじ5-2UP!!正直まだここまでだと話が見えてこないです。見えてくるのはもう少し後になってからかな?と勝手に思っております。
というかきら☆まじ改めCIRCLEですな;;

雑記更新!!後編・・ではなく中編。正直もう何が書きたいのかわかりません。てきと~に会話文でつないでるだけす;;
実は雑記のほうの絵を描いたのですが。。あまりにもおかしいので放置(ぁ
まぁ、後で・・ねw

これを読んでくれる方はいるのかね?といつも書きますが・・案外いるもんだと感じました。
感想や駄目だし(後者のほうが多い;;)ありがとうございます。
励みになるし、誰が好きとか言ってもらえると「あ~次この子活躍させよう」と密か心に秘めていたり。
成葉的には全員好きですよ。(書きやすいかは別として;;
今後もよろしくね♪
でわでわ~
人気投票なんぞを無法陣のほうでやってみたんですよ
CIRCLE&きら☆まじ&想紫苑で。
結果。
一位 ロジェ 飛鳥(同着)
二位 夕京
三位 フリード
まぁ・・私の友達(一部一般人)ですからね;;
ロジェと飛鳥が同着って凄いなぁ・・。愛されてるね☆

[PR]

by vrougev | 2006-01-26 02:02 | Life

五話   礎の大切さ   2

「ね~慶之~敵ってどこにいるのっ♪」
「この奥ですよ」
のほほんとした会話が交わされている。内容は全くのほほんとしたものではない。
「どんな怪物なのかなぁ~♪」とわくわくするのはどうかと思う。怪物の立場もないじゃないか・・と思うのだが。
「でも・・なんだか怖いところです・・」
あたりをきょろきょろする静羽に対して、元気いっぱいに先を歩いている夕京が答えた。
「そうか~?居心地いいけどな~俺は」
炎を司る者は火の回りでも平気なのか。マグマの存在に驚きながらもその他回りに吹き出そうな火山口に対してもしげしげと覗き込んだりしている。
「フリードの話だとこの先だと聞いたんですけど・・」
「おぅ!!この先の広間だってよ!!フリードが先に見に行ってるぜ!」
いや、だからきらきらと目を輝かせないで欲しい。要の国の人間とは皆こうなのであろうか。そんなことをロジェが考えているのを他所に何か遠くで大きな音が立った。
どぉんと低音が地面を通して伝わってくる。
「きゃぁっ!!」
「わぁ~♪」
地面の揺れに足をすくわれた少女。静羽は思わず近くにいた慶之の腕に手をついた。そしてそれに便乗するようにフィーリも同様にする。ロジェの顔をうかがうように楽しんでいる。
「大丈夫ですか?」
僅かに彼女がしがみ付いた時、両性の顔が染まったように思えた。
「便乗するな」
「ちぇ~♪」
「ロー君、照れないから可愛くない~」と文句をいうフィーリにやはり出るものはため息だ。それで、万が一にでもときめいたら俺が変質者だ。絶対になるもんか。
「なんかフリードにあったみたいだ」
少し真剣な表情に戻した夕京は指を丸くして口にくわえる。
ぴぃー
鋭い口笛が洞窟内に響き渡る。と、同時に一匹の獣が洞窟の奥から飛び出してきたのだ。
黄金色の獅子。目には悪戯心がちらりと見えるような・・まだ若いものだ。
しかし、その目は少しばかり臥せっている。
「わりぃ~夕京」
その声は何処かで聞いた声。そう、あの蒼い鳥の中で火災を起こした精霊の声だ。
「どうしたんだ?」
「ん~」
言いにくいようにあたりに視線を這わせる。そしてため息をついた後言った。
「説明しにくいから、とりあえず来てくれ」
[PR]

by vrougev | 2006-01-25 23:41 | きらきら☆まじしゃん【休止中】