<   2006年 11月 ( 52 )   > この月の画像一覧

八話   無垢なる形代   20

宿屋からの突然の出火。町の人々は騒ぎ、混乱していく。
「水よ!!水を持ってきて!!」
「旅人は無事か!?」
騒ぎは水に垂らした一滴のインクのようにすぐさま広がっていった。
「あぁ、旅人さん!!お怪我はない!?」
出火した部屋の近くから一人の男が出てくる。隣接した部屋のお客であったと宿屋の女将は思い出した。突然の事に動揺している彼らとは違い、男は実に余裕の表情であった。整った顔立ちの、何処かで見た事があるような男は口元に笑みを浮かべて「えぇ」と言った。
「良かったわ。何故このような事になったのか分からないけれど・・」
「眠れ。此処は今に戦場になる」
黒髪を掻き揚げた男は力強く、そして良く響く声でもう一度言うのだ。
「俺が命ず。眠れ」
彼女の隣で消火活動をしていた青年ががくりと崩れ、倒れた。驚き振り返った彼女もまた眠りの世界へと誘われて行く。瞳を閉じる直前、男は笑っていた。
「よい夢を」
あたりは倒れた人ばかり。死んでいるわけではないので、避けながら歩く。
「飛鳥!!」
目の前から走ってきた青年に飛鳥は微笑んだ。現われた好青年風の男は白いローブを身に纏っている。
「慶之か。どうだ、そっちは」
「骨折箇所十四に、左アキレス腱切断。切り傷は数えられないほど。全て治しましたけど」
ため息混じりに呟く慶之に飛鳥はくくくっと笑い、労う。
「ご苦労。来ているのか、奴は」
「勿論。今は静羽さんと共に居ますよ」
全員揃ったのか。ならば、後、やる事は一つだ。
「カタをつけるぞ。いいな」
慶之は短く「はい」と返事を返した。踵を返し、戻ろうとした途中で止まる。
「あの、飛鳥」
「何だ」
慶之は笑う。その笑みには凄みがあった。
「『バカップルになりたくてもなれない馬鹿な好青年ぶった男』って誰の事です?」
釣られて飛鳥も笑う。
「さぁな」
[PR]

by vrougev | 2006-11-30 01:11 | きらきら☆まじしゃん【休止中】

続・お腹が痛いぉ

やっぱり風邪らしいです。どうもこんばんわ、成葉です。
いやね、熱と腹痛のWパンチなんて笑えないからね。何もする気起きないからね。
と、いいつつ昨日書いていた19を上げてしまう自分はどうなのかと。

今回こそ、祇園さんのお題。「策略」「発狂」「火炎」。あれ、貴方は恋愛小説書きですよね?
まぁ、いいか。いつもありがとうね♪
コレでらぶらぶは・・終わり?そして、八話も終わりが見えてきたよヾ(゜▽゜*)〃

とりあえず、今日はコレで寝ます。今まで寝てたけど、寝ます。

おやすみなさい|ω・`)ノ”また明日。
[PR]

by vrougev | 2006-11-28 19:14 | Life

八話   無垢なる形代   19

深夜に近い時間、飛鳥に一本の連絡が入った。それは彼の元についたカセドラルからのものである。内容など分かっている。彼はただ一言だけ答えた。
「分かった。此方も直ぐに動き出す」
輝きを失った通信珠をことりと机に置く。飛鳥の口元には不謹慎にも笑み。
「早まらなきゃいいんだがな」

同刻、フィーリは眠れぬ夜を過ごしていた。何故かと問われれば昨日から昼夜問わず気を張っているからだ。勿論それは今も続いている。横は安らかな寝息を立てていた。その顔を冷ややかにみたフィーリは再びベッドに突っ伏す。
眠れない、いや眠る事が出来ない夜ほど長いものはない。フィーリはごろりと寝返りを打った。自らの長い髪の毛が目の前に下りて来てカーテンのように視界を遮る。
心にあるのは満たされた思いではなく、空虚。そして、不安。
耐え切れなくなって寝返りを打ったがいいものの何も変わらない。ふぅ、とらしくないため息を漏らしたフィーリはベッド脇にあるサイドライトを付け、傍にあった地図を引き寄せた。この街の地図である。この街は傾斜が多い。山を切り崩して作った国であり街だった。傾斜が多いとはいってもなだらかなものだし、人は便利さの加減から低斜面に住んでいる。この宿もそうであるが、低い位置に市街地は立ち並んでいる。高めの所は街、と称するよりも森、といったほうがよさそうだった。見渡す限りの針葉樹は何処までも続いていたのだから。何気なく地図を見ていたフィーリはあることに気がついた。
「あれ?こんな所に家なんてなかったんだけどなー」
それはまさしく針葉樹林の中。端から端まで見て回ったはずだったのだがどうやら見落としが在ったらしい。後で行ってみなきゃと思い、再びベッドへ伏せる。
眠れない。否、眠る事が出来ないのだ。フィーリにとってこの夜は長い拷問以外何物でもない。長時間眠らなければ人はどうなるのだろうか。
「きっと発狂し始めるんだろうなぁ・・」
それ以外に何があるというのだ。人間は脆い。外見だけ強く見えても中は軟弱なのだ。
自分は壊れるのだろうか。もしその時が来なければ、フィーリは狂い始めるのだろうか。
ぼんやりと狂う自分を想像して・・止めた。嫌なものなど想像しても何も面白くない。
「・・・フィ・・・リ・・・」
何処かでフィーリを呼ぶ声がした。隣かと振り返るが、どうやら違うようである。
枕元のに立てかけてある杖が僅かに発光している事に気がついた。光具合からして、フィーリへ宛てた通信ではない。恐らく誰かが飛鳥に当てたものであろう。魔力がフィーリにも飛び火しているのか、雑音と共に小さな声が遠くから響いている。もう一度聞こえるだろうか。そっと耳を澄ましたフィーリは次に聞こえる声に驚愕する。
「・・・・フ・・・リ・・?」
聞き間違えなどではない。その声は確かに。フィーリは杖を掴み、夢中で叫んだ。
「ロー君!!!!」
フィーリの背中越しのベッドで、むくりと起き上がった存在に気がつかず、フィーリは叫ぶのだ。その表情は必死である。
「ロー君でしょっ!!何処にいるの!?!?ロー君?ロー君!!」
「・・・フィーリ、どうした」
後ろから声掛けられ、フィーリはその人物をきっと睨んだ。後ろから抱きとめようとしたロジェをフィーリはひらりと交わし、尚も睨み続ける。不思議そうな表情を浮かべた男は対照的に微笑んでいた。
「どうしたんだ。俺は此処にいる」
「もうおままごとはお終いだよ。だから包丁だって要らないんだ」
男は右手に光る刃を持っていた。抜き身のそれは血に飢えるようにぎらりと光る。男はあぁ、と手に持ったそれを愛おしそうに眺める。それは先程までフィーリに向けられていた視線と同じ。ロジェは、いや違う。ロジェを模したものは口が裂けそうなまでの笑みを浮かべ、笑う。狂気。狂っている。フィーリはそれを静かに見ていた。自分でも驚くほど冷静だった。そして、次に生まれる感情は。
「ねぇ」
笑いの中フィーリは静かに言う。右手に杖、左手には鞄を持って。
「もういいよ」
手の内でくるりと杖を回した。ぴたり、と先を男に向けて。
「じゃあね?」
次の瞬間、宿屋の一室は炎に見舞われた。鮮やかな紅は激しく立ち上ったのだ。

「うぉっ!!フィーリすっげー!!」
火災に見舞われている宿屋の隣室では夕京が声をあげ、飛鳥が不敵に笑っていた。
「言わんこっちゃない・・ってところか。夕京、消してこい」
「あいよっ!!」
このために連れてきた夕京だったが、まさか怒るとはな。
飛鳥は誰もいなくなった部屋でくくくと笑い、通信珠を手に取った。
「俺だ。こっちは動き出した」
[PR]

by vrougev | 2006-11-28 19:06 | きらきら☆まじしゃん【休止中】

お腹が痛いぉ

めっさ痛いおー(ノ_・。)どうもこんばんわ、成葉です。
きら☆まじ、明日には19出せると思います。今日は無理、腹遺体orz

学校で過去書いたと思われるものを多少直して(誤字があった)見せたら
6人中6人に「BLじゃね?」といわれました。結構ガーン、と来ました。
素敵な文章を書ける様になりたいです。

って少し愚痴ってたら「今のままでも十分素敵ですよ」といってくれた方もいたよ(ノ_・。)ありがとう
これからも、頑張ります。

あぁ

でも

めっさ痛い・・・・(´・ω・`)
[PR]

by vrougev | 2006-11-28 01:23 | Life

バカップル、バカップル

えっと・・・・8-18あげました。こんばんわ、成葉です。
本当なら祇園兄さんのお題でやるはずだったのですが、話がかみ合わなくなる都合により来週に回されました。計画性がない成葉です。
相変わらずらぶらぶです。もう死んでいいほどらぶらぶです。でも、BLじゃありません。ここ重要。
ちゃんとしたキャラ紹介をさせてなかった夕京なんぞを入れてみました。紹介は宝物庫をご覧ください。
って言いながら・・夕京までしか上げてない・・・。後三人何処いった・・?((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃
今回CIRCLE需要高いです。入れると楽だしまぁ、ネタばれは終わってから。

あんまりYGやってないです。時間がありません;;
98止まり・・。昨日の馬鹿があったせいで・・・僕は羽根耳を落札できませんでしたよっとorz
まぁ・・・ストンパ結構慣れると可愛いので・・・・って思っておくことにします(ノ_・。)

アルテイルは明日当りカード買って来ます。そしたら考察♪んで、ファイル作るのさーw

とりあえず、きら☆まじ更新頑張ります!!
|ω・`)ノ”また
[PR]

by vrougev | 2006-11-27 01:03 | Life

八話   無垢なる形代   18

今日一日、ロジェはフィーリだけを見ていた。どんなときでも片時も離れずに傍にいて、片時も離すことなく手を握っている。フィーリも嫌がる様子は一向に見せず、時よりロジェに微笑みかけていた。傍から見ればとても微笑ましい光景である。
それが、二人と共に行動していたカセドラルの思ったことである。朝に四人で朝食を取った後、飛鳥は一人ふらりと出かけていった。カセドラルに与えられた任務は「二人の監視および護衛」。カセドラルはただ機械的に任務をこなす様心がけた。幾ら聖職者といえども此処まで見せ付けられていて何も思わない訳がない。自分の中に渦巻く気持ちが憧れなのかそれとも呆れなのかは分からなかったが、いつにない衝動に駆られそうになったのは確かであった。例えば、こんな会話。
「ねぇ、ロー君はずっと僕の事を見てるよねぇ?何か顔についてる?」
そういって顔に手を当てたフィーリにロジェはほんの少しだけ口元を笑ませながら言うのだった。ただただ、一人に視線を注ぎながら。
「いや・・綺麗だと思って・・」
「んっもうっ♪ロー君ってばー♪」
こんな会話を一日中真横で聞いていれば衝動に駆られ、拳を握る事もあるかもしれない。現に、飛鳥が出かけたときと同様にふらりと帰ってきたとき、カセドラルは泣きついた。
「あぁ・・飛鳥様ぁぁぁぁぁ・・」
「死に耐えてるな、カセドラル」
意地悪そうに笑う飛鳥はとてもこの状況を楽しんでいるようだった。宿に来たのは飛鳥だけではなく、あと一人。
「よっ、カセドラル!!元気出せよー!!」
少年はぽんっと元気よくカセドラルの肩を叩いた。爛々と輝く瞳。毛先の跳ね毛は彼の元気のよさを表わしているかのようにくるりと重力に逆らい、上を向いている。彼の存在に気がついたカセドラルはお辞儀をする。
「夕京様もこちらにおいでになったのですか」
少年の名は泰葉夕京と言う。飛鳥と同じ、世界の支柱、炎の柱。夕京はカセドラルの言葉に少し顔をしかめて笑う。
「様付け止めろよなー。気持ち悪りーから」
居心地が悪いというように体を揺すった夕京は何処にでもいる普通の少年のようだ。彼は火炎を操る。火炎は形となりて、空をも焦がすときもある。
「泰葉は『馬鹿』で通じるから名前で呼ばなくていいぞ」
「飛鳥兄ひどっっ!!」
講義する夕京を苦笑しながらなだめ傍にあった椅子に腰掛けた。夕京は「フィーリに会いに行って来るぜ」と言い残し慌しく隣の部屋へと駆けて行った。
「飛鳥様、何をなさるつもりですか」
カセドラルが淹れてきたコーヒーを口に運びながら飛鳥はにやりと微笑む。
「何、連絡が来れば分かる事だ」
「誰からのでしょうか。取次ぎなら私が行きましょう」
正直な話、これ以上此処にいるとよからぬものに当てられそうだった。
そんなカセドラルの気持ちを察したのか飛鳥は取り出した地図の一箇所に丸印をつける。
「バカップルになりたくてもなれない馬鹿な好青年ぶった男の所へ行ってこい」
丸をつけた場所は、ペリア国外、西の国境付近。支柱は笑う。
「真実を少しだけ知って来い」
[PR]

by vrougev | 2006-11-27 00:50 | きらきら☆まじしゃん【休止中】

さぁ皆、計算をしてみようじゃないか

まず、少女の手元には1Mあった。

1M=100万。

少女はオークションで料理服を売り払い、5M手に入れた。

1+5=6M

だが、少女が会場を出たとき、手元には1Mしかなかったんだ・・・。

何故だと思うかい・・?

More
[PR]

by vrougev | 2006-11-26 02:06 | Life

本日の収穫。


なるは は ねんがん の ぼうし を てにいれた!

珍しく、本以外にお金を使った気がします。CDの予約をしに外出した先で一目ぼれ。
はうわぁぁ!!ってことで買って来ました。WMの分使って。
暫く、私服はこれに合わせて着る様にしよう。あー友達と遊びに行きたい。

テスト終わったらどなたか一緒に「ま○だらけ」行ってください(切実(ぁ

YG。とりあえず、97→98。
毎日一レベルずつあげていきまっしょい。久しぶりに知り合いに会い、カジノに強制連行され、死にながらピアニオ出土してきましたよっと。
これで暫く踊りながら羽耳を探す事が出来そうです。

きら☆まじ更新は明日。
あーうー、週一回が定例になりつつある・・。やっばいねww仕方n・・(*゚ー゚)=○)゚O゚)頑張れよ!
今の話より、ギャグモノの短編書いているほうが面白くて好きー♪
オムライス、久々に飛鳥が出てないけれど好評でした。ありがとうございます。
よーし、成葉がんばっちゃうぞー!!(何



あ、ねむいので明日からね|ω・`)ノ”でわでわ
[PR]

by vrougev | 2006-11-26 00:31 | Life

誰かいい加減、無法陣画像あぷろだ直せよ・・・

僕、何処から借りてるか分からないから直せないんだよ!!エラー多すぎなんだよ!!
とゆーわけで、こちらに仮置き。下手すぎるので一般人はみないよーに!!

今日もYG。95→97。過疎っててこれ以上レベル上げるのはかなり困難になりそうです。
武器収穫は・・・聞くな。本当にエンジェはでないのでしょうか・・?

実はアルテイルEX発売日でした。なかなかの素敵カードが出たようで・・。
とりあえず・・白赤は欲しいかも・・後、余裕があれば黒も。
お金がなくて買えないのが現状ですよっと。アルテイルも明日から顔出すか。
最近色々と忙しくて行ってないや・・・。

数人から『ブログ見てるよー』といわれ嬉し恥ずかしの成葉です。
番外編を面白いといってくれた方、ありがとうございます。心の支えになります。
何気に自分でも広めてたりしてます。・・・・あれ?
ともかく・・多くの人の感想がほしいです。
何かありましたら遠慮なくじゃんじゃん書き込んでくださいな♪

でわでわ、ω・`)ノ”また明日。

無法陣の皆様に。
[PR]

by vrougev | 2006-11-25 01:36 | Life

二学期始まったよ!!

とゆー訳で久々に眠っていたMMO魂が動いた気がします。ども、こんばんわ。成葉です。
昨日からずーっとYGのほうに遊びに行ってました。一学期が終わり、二学期へ・・・。
一年の速さを感じます。えぇ、とっても。

まずね、システムがMMOに近くなった!!
昔はMO加減のほうが高かった気がするのですが・・まぁどちらも好きなのでいいですけどね。
今回のUPDATEの利点は・・個人的には好きな武器が自由に使えるようになったところです。
今までの強化が軽く無駄になってますが・・学年の隔たりなく武器が使えるように。
私としてはお気に入りの紅十字架や翼などのスピリットを強化していこうと考えているのですが、一方では高学年のステータスであった武器の模様が共通化されたことによって憤りを感じている人もいるようです。例えば・・低レベルの人が5-3だった外見の武器を持ってるとかね。高レベル者にとっては何だそりゃ、ですよね。
と、いいつつ成葉は5-1だった武器を落札して四年用に仕上げて使ってます。
だって・・・オークで遊んでたら落としちゃったんだもの・・・てへ?(キモイから;;

スキルの追加は支援スキルは面白いと思います。
グループでやる場合は助け合う場面が多いので・・これはGJ!!ただ、指がつりそう。

源石システム、うーん・・・・五年の教科書は高いわ;;以上!!ちゃんと輝く値を示してほしい。

フィールド戦は・・・何処で何レベルが出来るのかを教えてほしいかな・・。世界樹運動も起こっているし・・大変です;;

難易度、20以上も上げないでください。瓶牛乳、1000以上あったのに今日だけで全部なくなりましたよ?しかも、武器の値段が一律50円になったせいで・・・牛乳変えないんじゃァぁぁぁ!!

武器の有料化。これはやめて欲しい。エンジェリックボイスの有料化は個人的に痛いです・・・。
ずっと欲しかったのに・・30日780円って・・・・買うわけないじゃないですか(´・ω・`)
それでいてEPでは出なくなっている(もしくはかなり出にくくなっている)ようで・・・orz
それ欲しさに今日朝から回していたのですが・・・出ずorz
レベルが 87 → 95 にまでなりましたよヾ(゜▽゜*)〃あははは・・は・・

出たものとして、
ごぼう、乱麻×3(うち二つはトランクに変わった)トランク×2。
一時間近くで五個以上も出している方もいました。合計でいくつになってたんだろ・・。
通常武器は結構出やすいのかもしれません。
エンジェは・・・二つ持ってる方譲ってー!!って感じです(ノ_・。)勿論ルシフェでもいいの・・

とりあえず・・こんな感じでしょうか?とりあえず一ヶ月頑張ります。
一ヶ月・・・?スターアイテム買っちゃったんだもの・・・・・(ノ_・。)
[PR]

by vrougev | 2006-11-24 01:42 | Life